考えている時間が好きな人達へ

永遠の1冊を目指して、メモアプリを自作しました

メモの整理

考えている時間が好き

考えたことをすぐに残しておきたい、後から考えたことを整理したい

メモの一元管理

すべてのメモを1冊にまとめる

常に持ち歩ける、どこにいても取り出せる

書くことはスマホで、整理することはPCで用途に応じて使いやすく

メモを捨てる

メモを書きなぐって、捨てる

頭をすっきりさせるためにとにかく書く、書いたメモは、あとから捨てる

NetaBookのコンセプト

メモ帳は自分そのもの

メモ帳は自分そのもの。
他人とは違う、自分とは何かを書き残したもの。
もっとも大切なものだと思う。
メモ帳にこだわるということは、自分を大切にすることと同じ。

自分の世界を作るためのメモ帳とは

常に何かを考えている人にとって使いやすいメモ帳とは何か?
新しいことを生み出す原動力になるメモ帳とは何か?
これにこだわることが、NetaBookのメモ帳で実現したいこと。

メモしたいことは突然やってる

メモしたいことは突然やってる。
通勤中、仕事中、飲んでいる時間も、トイレにいるときでも
どこにいても、すぐにメモを書きたい。

すべてのメモを1冊にまとめる

毎日10個、1年間書いたとしたら、年間3650個のメモが出来上がる。
一生メモを書き続けたら、とてもつない数のメモが出来上がる。
これらすべて1冊のメモ帳にまとめられたらいいと思う。
仕事用もプライベートも1冊にまとめたい。

メモを書くことと、メモを整理すること

頭のいい人の特徴の1つに、「忘れない」があると思う。
自分は、ほんとうに、すぐに、忘れる。
メモの内容はもちろん、メモしたことすら忘れている。
だから折角書いたメモを有効に活用できない。
書いたメモを特別なことをせずに、活用できるようになるために。

半分のメモは捨ててもいい

メモを書きなぐって、捨てる。
書くことで、頭がすっきりする。
読み返して要らなければ捨てる。
残っていったメモが自分の世界に。

体験版の利用はこちらから

具体的に触ってみたいという方は、こちらからどうぞ。 体験版は無料です。

体験版を使う
利用規約