経営メモ > オンラインショップ(43件)

経営全般ネット飲食店流通ショップサービススクール旅行土地建物運送介護リサイクル法人サービスその他

経営メモ > オンラインショップ
ネット消費者という定義がありそう。ネットで賢く買えるからネットで買うという購買層。
安く買えることだけを目的に、どんどんブランドスイッチしていく購買行動特性がある。
つまり、キャンペーン等をしても、初回に購入してくれても、リピータにならない。
初回購入だけ金額というマーケティング手法が広く使わるようになったことが要因かも。

経営メモ > オンラインショップ
1000万曲の中で、どの曲を聞いていいのかわからない
「おすすめ」という機能が、曲のヒットを作ってしまう

経営メモ > オンラインショップ
アマゾンで上位を占めているメーカと量販店で上位を占めているメーカが違う
量販店は棚を取るためにいろいろな施策や資金が必要になるが、アマゾンは違う
また、アマゾンは外資のメーカが上位を占める傾向もある

経営メモ > オンラインショップ
ネットでは大手流通では扱えないコアな商品をマニアに販売する
 #ニッチ

経営メモ > オンラインショップ
htmlのタイトルに、【困ったらココ】を入れるだけで、効果が違う
確かに困って検索する人が多い
初めて行く場所で、居酒屋探すとか

経営メモ > オンラインショップ
確かに、PCで見ていたサイトを外出先でスマホで確認するということはある。
レスポンシブデザインに一理あり。

経営メモ > オンラインショップ
同じサイトでもPCで売れる商品とスマホで売れる商品が違う。
これは、それぞれ別のコンテンツにする意味がある。

経営メモ > オンラインショップ
瞬間的に大きなアクセスを引っ張ってきても意味がない。
地道にコツコツが、安定的な収益を産み、持続的な投資を行えるビジネス環境を作ること。
 #持続性

経営メモ > オンラインショップ
ショップとストアーの違い(ショップはオリジナル製品、商品がある)

経営メモ > オンラインショップ
ワンタイムパスワードとは、「今、サーバーに受け付けてもらえるパスワードが何なのか」を管理する仕組み。
あらかじめ、IDを登録しておき、そこに表示される番号だけが、今サーバーが受け付けてくれるパスワードになる。
そのIDの人が、その今使えるパスワードを使ってのみ、認証することが出来る。

経営メモ > オンラインショップ
ネットは、希少性と限定商品が1つのポイントだけど、1点ものなら、当然ながら利益が限定されるビジネスモデルになる。

経営メモ > オンラインショップ
オンラインショップには、科学的とか、プロセス管理的な発想による機能はまだ揃っていない。

経営メモ > オンラインショップ
楽天の現在の店舗数は4万店、商品点数は1億。
たどりつかない、埋没問題。
楽天内のビジネスに特化するなら、広告費を使って、目立つところに表示してもらうしか策がない。

経営メモ > オンラインショップ
使い始める理由と使い続ける理由は別で、利便性は、使い続ける理由であって、使い始める理由にならない。
使い始める系では、購買体験がキーワードになる。

経営メモ > オンラインショップ
リアルの店舗は、限られた中でいかに見せるか?オンラインショップでも同じ、ランディングページだけでいかに見せるかが重要。どこかに書いてあるでは意味がない。

経営メモ > オンラインショップ
検索だけでは、欲しい情報に、辿りつかない問題の解決策として、キュレーション、レコメンデーションがある。

経営メモ > オンラインショップ
PCで見ていたサイトを外出先でスマホで確認するということはある。
PCサイトとスマホで大きくコンテンツが違う場合は、顧客を迷わせてします。
レスポンシブデザインに一理あり。

経営メモ > オンラインショップ
同じサイトでもPCで売れる商品とスマホで売れる商品が違う。

経営メモ > オンラインショップ
ネットユーザのターゲットは、PC型、タブレット型、スマホ型で分類することができる。それぞれ、行動時間、行動スタイルが異なる。Googleは、「きまじめ」、「自由人」、「貴族」、「ナルシスト」、「社交」の5つに行動スタイルを分類している。もちろん、それぞれの行動スタイルごとに、アプローチやサービスを変えていく。
 #立地・ターゲット #ネットユーザ

経営メモ > オンラインショップ
顧客情報は、「顧客の属性」「購買の履歴」「収益性」の3つがわかるようにすること。
 #顧客管理・リピート #顧客管理