経営メモ > コンビニエンスストア(17件)

経営全般ネット飲食店流通ショップサービススクール旅行土地建物運送介護リサイクル法人サービスその他

経営メモ > コンビニエンスストア
コンビニがコーヒーに力を入れているのは、常習性が高い、利益率が高いことが理由になっている。また、コーヒーとの関連が強い商品を強化することで、ついで買いを誘発させることができるためでもある。
 #業界のトレンド・特徴 #新市場開拓

経営メモ > コンビニエンスストア
コンビニが沖縄や青森県に少ないのは、流通コストが掛かりすぎる、多頻度配送が出来ないためである。
 #立地・ターゲット #流通戦略

経営メモ > コンビニエンスストア
コンビニが次に狙っている市場としては、スィーツ、惣菜、コーヒー、ハンバーガーなどと言われている。
 #業界のトレンド・特徴 #新市場開拓

経営メモ > コンビニエンスストア
コンビニは、コピーサービスにはじまり、ATM端末、宅配便や公共料金の支払い、チケットの販売等、サービスの拡充を進めており、便利(コンビニエンス)な場所へ着実に変貌を続けている。
 #業界のトレンド・特徴 #利便性

経営メモ > コンビニエンスストア
高齢者向けに、笑顔で挨拶、商品を尋ねられたらその場まで案内するなどで、親近感を持ってもらうい固定客化につながっていっている。
 #接客・店員育成 #固定客化

経営メモ > コンビニエンスストア
コンビニで最初に足を運ぶ場所は、ドリンクコーナーであり、ドリンクコーナーは店の奥側に配置されている。
 #店舗設計・運営 #棚割り

経営メモ > コンビニエンスストア
24時間営業に取り組む場合、人件費や光熱費などのコスト増に見合うだけの売上が確保できるかがポイントになる。
 #経営や利益の仕組み #人件費

経営メモ > コンビニエンスストア
廃棄ロス、品切れが発生しないように、多頻度配送により適正在庫量を維持している。
 #仕入戦略・商品管理 #多頻度配送

経営メモ > コンビニエンスストア
単品管理の徹底により、死に筋と売れ筋の把握をしながら、消費者のニーズと収益最大化の双方を満たしている。
 #仕入戦略・商品管理 #単品管理

経営メモ > コンビニエンスストア
コンビニエンスストアの取扱商品は、2500~3500アイテムになると言われている。
 #商品・サービス構成 #品揃え

経営メモ > コンビニエンスストア
コンビニで無くなって困るもの第1位は、「おにぎり」という調査がある。
 #商品・サービス構成 #看板商品

経営メモ > コンビニエンスストア
オフィスビル内では、取扱商品アイテムを絞り込んだ小規模コンビニが増えている。また、駅構内、病院や公共施設内なども進出が進んでいる
 #店舗設計・運営 #適正規模

経営メモ > コンビニエンスストア
コンビニの商圏は、1000世帯(約3000人)以上が1つの基準になっている。
 #立地・ターゲット #商圏人口

経営メモ > コンビニエンスストア
コンビニは、徒歩、自転車、車でそれぞれ5分程度以内が商圏とされている。
 #立地・ターゲット #商圏基準

経営メモ > コンビニエンスストア
若者中心から、主婦や高齢者層といった顧客層の取り込みを課題として、積極的な商品企画が進んでいる。
 #業界のトレンド・特徴 #新市場開拓

経営メモ > コンビニエンスストア
大手FCが店舗数を伸ばして寡占が進む一方で、単独店や中小CVS店は、淘汰されるとみられている。
 #業界のトレンド・特徴 #大型化

経営メモ > コンビニエンスストア
今までは画一性が求められていたコンビニ店だが、少しずつ地域の特性や客層に合わせた品揃えなどを変化させ店も増えてきており、この傾向はさらに高くなると予測される。
 #商品・サービス構成 #地域特性