経営メモ > ダンス教室(12件)

経営全般ネット飲食店流通ショップサービススクール旅行土地建物運送介護リサイクル法人サービスその他

経営メモ > ダンス教室
プロ志向層と趣味型層では、全くニーズが違うので、最低でもレベルによるクラス分けが必要になる。
 #接客・店員育成 #2つの生徒層

経営メモ > ダンス教室
初心者層には、「サークル」のような場の雰囲気を作ることで、継続率を上げることができる。レッスンの中身もさることながら、友達に会いにいくという感覚が追加される。
 #商品・サービス構成 #初心者層

経営メモ > ダンス教室
レッスン料は、月謝ではなく、1回のレッスンごとに料金を設定しているところが多い。
 #経営や利益の仕組み #料金体系

経営メモ > ダンス教室
体験レッスンは、まず知ってもらうのも効果的。体験だけで来なくなる人も多いので、初心者限定の格安コースなどを設置してある程度、継続する見込みの高い人に絞ることもビジネス的には必要。
 #店舗設計・運営 #体験化

経営メモ > ダンス教室
会社員は、平日夜、土日のレッスンの希望が高くなる。専業主婦や高齢者などは、平日昼間などの時間帯を好む。
 #店舗設計・運営 #時間帯別

経営メモ > ダンス教室
プロ志向者をターゲットにする場合は、ダンスにこだわった人が見ている媒体やネットに積極的に露出していく。
 #宣伝・販促・営業活動 #プロ志向

経営メモ > ダンス教室
ダンスに興味をもつ層は、プロ志向の若者、余暇の趣味とする40歳代以降の中高年層の二極化が進んでいる。
 #業界のトレンド・特徴 #二極化

経営メモ > ダンス教室
楽しみながらレッスンを受けたいと考えている人が多い場合は、施設の整備、親切な指導、雰囲気づくり、また、クリスマス等のイベント開催など飽きさせない工夫が必要になる。
 #商品・サービス構成 #趣味志向

経営メモ > ダンス教室
プロ志向の生徒は、よりレベルの高い先生や実績のある教室に移ってしまう可能性が高い。
 #業界のトレンド・特徴 #プロ志向

経営メモ > ダンス教室
子供を対象したダンスの場合は保護者が教室を探す場合が多い。さらに保護者の希望などを考慮して、指導しなければならない。
 #業界のトレンド・特徴 #子供対象

経営メモ > ダンス教室
「プロ志望」「趣味」で求めているものが全く違う。それが教室選択の基準になっている。教室側は、2つのカリキュラムを設けることで、違う生徒層の確保が可能になり、教室の稼働率もあげることができる。
 #立地・ターゲット #2つの生徒層

経営メモ > ダンス教室
趣味としてダンスを習いたい人は、通勤途中などの範囲で教室を探す傾向にある。昔は、交通機関への広告掲示や教室の看板などが有効だったが、最近はネットによる評判が何より重要と言える。
 #宣伝・販促・営業活動 #交通機関