経営メモ > ネイルショップ(12件)

経営全般ネット飲食店流通ショップサービススクール旅行土地建物運送介護リサイクル法人サービスその他

経営メモ > ネイルショップ
平日昼間の時間帯に割引サービスを実施するなど、比較的空いている時間に顧客を誘導する仕掛けをつくる。
 #宣伝・販促・営業活動 #空いてる時間

経営メモ > ネイルショップ
流行り廃りの早い業界なので、常に流行の色やデザインをチェックして、無駄な在庫を増やさいないように注意する。また、在庫を無理にすすめて、顧客満足を下げないようにする。
 #仕入戦略・商品管理 #流行の変化

経営メモ > ネイルショップ
若い女性がメインターゲットになるため、特にスマートフォンで綺麗に見れるホームページに力を入れる。
 #宣伝・販促・営業活動 #スマートフォン

経営メモ > ネイルショップ
ネイルスクール開設などで、毎月安定した収入を確保するのもひとつの方法になっている。
 #経営や利益の仕組み #スクール

経営メモ > ネイルショップ
リピーターの多い業種なので、既存顧客へのサービスや満足を何よりも先決にする。また、それが口コミにつながり、店舗全体に売上につながっていく。
 #経営や利益の仕組み #リピーター

経営メモ > ネイルショップ
美容院やスパなど、女性に人気のリラクセーション施設にネイルサロンを併設しているケースも多い。
 #店舗設計・運営 #併設店

経営メモ > ネイルショップ
新規顧客獲得は、口コミによるものが圧倒的に強い。最近は、ネット上にネイルの画像を投稿している顧客獲得をしている。また、ネイル完成後、ショップがお客様の写真をとってあげるサービスも喜ばれている。
 #宣伝・販促・営業活動 #口コミ

経営メモ > ネイルショップ
独立小規模店は、高級路線がほとんどで、高いサービス基準が求められる。
 #経営や利益の仕組み #独立店

経営メモ > ネイルショップ
商業施設にテナントとして出店する場合は、施設に来店するフリー客を獲得することがメインになる。ただし、施設内の立地場所は、施設側に決める権利があることが一般的。
 #立地・ターゲット #テナント型

経営メモ > ネイルショップ
都市部では、すでに、ネイルサロンの競争は激化しているが、地方での普及率はまだ低い。
 #業界のトレンド・特徴 #都心型

経営メモ > ネイルショップ
ネイルはファッションの一部として受け止められ、若年層から年配層まで「幅広いマーケット」になった。店舗が増えることで、さらに女性達の認識が高くなり、市場が加速的に構築された。
 #業界のトレンド・特徴 #ファッション化

経営メモ > ネイルショップ
女性にとって「美しくなる」事というのは永遠のテーマであり、美について知りたい、自分で勉強したいというニーズがある。
 #業界のトレンド・特徴 #ビューティビジネス