経営メモ > マッサージ・リラクゼーション(21件)

経営全般ネット飲食店流通ショップサービススクール旅行土地建物運送介護リサイクル法人サービスその他

経営メモ > マッサージ・リラクゼーション
空中階の場合は窓看板などで外からわわるようにするための工夫が必要。
 #立地・ターゲット #看板

経営メモ > マッサージ・リラクゼーション
クリックサービスは、短時間で利用するサービスであるため、「入りやすさ、通いやすさ」は非常に重要。短時間の施術のため施術技術による差別化が難しいため、立地が重要なポイントになる。
 #店舗設計・運営 #短時間

経営メモ > マッサージ・リラクゼーション
多忙な現代人が「癒し」や「リラックス」を求めている中で、気軽に短時間で利用できるサービスとしてサラリーマンやOLに人気を集めている。
 #業界のトレンド・特徴 #多忙

経営メモ > マッサージ・リラクゼーション
顧客との1対1のサービスであるため、コミュニケーション能力が高ければ満足度向上につながる可能性が高い。
 #接客・店員育成 #訓練

経営メモ > マッサージ・リラクゼーション
最近は、生活習慣病と言われている。また、女性の悩み(便秘、肩こり、肌荒れなど)を改善したいニーズにあっている。
 #業界のトレンド・特徴 #習慣病

経営メモ > マッサージ・リラクゼーション
資格がない場合は、「マッサージ」という表現は使用できない。「癒し」「リラクゼーション」といった表現を使用することになる。また、「診断」「治療」なども医療行為となるため、使用してはならない。
 #法規制・法令遵守 #広告の法規制

経営メモ > マッサージ・リラクゼーション
料金体系は1分当り100円とする事業者が多い中、1分50円、1時間で3000円のサービスも出始めている。また、そのような低価格店に人が集まっている。
 #経営や利益の仕組み #競争激化

経営メモ > マッサージ・リラクゼーション
リラクゼーションビジネスの市場規模は、年々拡大傾向にあるものの、特別な国家資格が不要で、しかも小規模資本で開業できるとあって、新規参入障壁は低く、競争環境が厳しくなっている。価格キーラなども出始めている。
 #経営や利益の仕組み #参入障壁

経営メモ > マッサージ・リラクゼーション
肉体的な疲労回復だけではなく、ストレスなど軽減することもリラクゼーションサロンの目的になっている。
 #業界のトレンド・特徴 #自然治癒力

経営メモ > マッサージ・リラクゼーション
人の身体に直接触れて施術するため、相応の技術、知識を身につけている必要があります。知識なしに施術すると怪我をさせてしまうこともある。
 #接客・店員育成 #個客対応

経営メモ > マッサージ・リラクゼーション
技術が高い場合は、立地にはこだわらなくも事業として成立する。
 #立地・ターゲット #オフィス街

経営メモ > マッサージ・リラクゼーション
病院へ行くほどの重大さもないが、気軽に改善できればとのニーズから発展してきた。病院ではないためサロンと呼ばれることが多い。
 #業界のトレンド・特徴 #シフト産業

経営メモ > マッサージ・リラクゼーション
リラクゼーションは、国家資格ではないため、業界で民間資格を用意して、サービスの質を担保しようとしている。
 #業界のトレンド・特徴 #民間資格

経営メモ > マッサージ・リラクゼーション
カイロプラクターは、骨のゆがみの矯正や、痛み除去をするなど、機能障害を改善する。自然治癒力や予防医学としても機能を果たしている。
 #商品・サービス構成 #カイロプラクター

経営メモ > マッサージ・リラクゼーション
資格を必要とするマッサージ業は医療行為に準じているため、施術者の氏名および住所、施術所の名称、電話番号および所在地を表示する必要があり、また宣伝にも制約がある。
 #宣伝・販促・営業活動 #広告規制

経営メモ > マッサージ・リラクゼーション
待ち時間を利用して健康茶などのサービスを実施しながら、健康茶等の販売にもつなげている。
 #店舗設計・運営 #待ち時間

経営メモ > マッサージ・リラクゼーション
リピートの利用者が多いために、スタンプカードや割引券でリピートの促進を図っている。
 #顧客管理・リピート #リピータ

経営メモ > マッサージ・リラクゼーション
室内は、間接証明、ゆったりBGM、観葉植物など、店舗全体をリラクゼーションスペースとしての機能をもつようにする。
 #店舗設計・運営 #女性ターゲット

経営メモ > マッサージ・リラクゼーション
宿泊者を対象にホテル内に出店、また運転者を対象に、高速道路のサービスエリアに出店するケースもある。
 #立地・ターゲット #高速道路

経営メモ > マッサージ・リラクゼーション
男女問わず幅広い年齢でマッサージの利用者が拡大しており、マッサージビジネスは全国的に増えている。
 #業界のトレンド・特徴 #利用者拡大