経営メモ > 保険ショップ(8件)

経営全般ネット飲食店流通ショップサービススクール旅行土地建物運送介護リサイクル法人サービスその他

経営メモ > 保険ショップ
統合型で成功しているとこは、集客と保険説明を明確に分業しているところである。広告等で一気に集客を行い、保険説明の上手な人材が対応するという流れを作っている。
 #経営や利益の仕組み #統合型

経営メモ > 保険ショップ
立地は比較的よい場所が多い。また、定期的なイベントや勉強会などによる集客を行って行い、顧客が気軽に来店できるための環境構築をしている。
 #宣伝・販促・営業活動 #イベント

経営メモ > 保険ショップ
統合型は、取扱商品が複数の保険会社に分散されるため、代理店ランクが上がらないこともあり、取扱高が少ないと代理店資格を失うことがある。
 #経営や利益の仕組み #統合型

経営メモ > 保険ショップ
総合型は、複数の保険会社の商品を比較、提案できるため、顧客満足度が高い。しかしながら、多数の商品知識を持つ必要があるため、高いスキルと経験が求められる。元訪問型、専属型の人材で、営業力は強くないが商品知識が豊富な人材が転職している。
 #経営や利益の仕組み #統合型

経営メモ > 保険ショップ
手数料売上は、上位になると代理店手数料率が上がり、同じ保険契約でも、多くの手数料収入を得ることが可能となる。このため1社の商品に特化した専属型が多かった。また、手厚いフォローがあり、より多くのノウハウを必要としなかった。
 #経営や利益の仕組み #手数料売上

経営メモ > 保険ショップ
大手保険会社が自社商品を取り扱う「直販型」。契約している保険会社の商品のみを取り扱う「専属型」。複数社の保険商品を取り扱う「総合型」があり、保険ショップは、統合型になる。
 #経営や利益の仕組み #経営形態

経営メモ > 保険ショップ
販売方法も変化し、訪問販売から顧客に来店頂くことで、複数の保険会社の商品を比較できる「来店型保険ショップ」も出現し、業績を伸ばしている。
 #業界のトレンド・特徴 #販売方法も変化

経営メモ > 保険ショップ
1996年の保険業法の改正により、生命保険と損害保険を同時に扱うことができるようになった。さらに、第三分野(医療保険、介護保険など)の販売が解禁された。
 #業界のトレンド・特徴 #規制緩和