経営メモ > 全業種共通(45件)

経営全般ネット飲食店流通ショップサービススクール旅行土地建物運送介護リサイクル法人サービスその他

経営メモ > 全業種共通
売れ筋商品把握のためのデータ分析と、メディア等による突発的な需要に対する計画や予定に対応しておく必要がある。
 #経営や利益の仕組み #営業データ

経営メモ > 全業種共通
学生街の立地の特徴は、学生が多いということであるが、学校の夏休み等、休みの時期は極端に客数が減少する。学生のたまり場となりやすく、客回転率が低い可能性もある。
 #立地・ターゲット #学生街

経営メモ > 全業種共通
オフィス街の立地の特徴は、平日に集客が見込めるが、土日は極端に減少する。
 #立地・ターゲット #オフィス街

経営メモ > 全業種共通
駅前立地の特徴は、朝から夜にまで人の流れがあることになる。
 #立地・ターゲット #駅前立地

経営メモ > 全業種共通
「汚い」というイメージがあるところに、「綺麗」を作ると差別化ビジネスになる。対極を売りにする。
 #商品・サービス構成 #差別化

経営メモ > 全業種共通
2つ以上のキーワードの組み合わせで売れようにすることを考える。「目立つ看板」よりは、「光る看板」(看板+光る)の方が売れやすくなる。光るというキーワードが追加されることで、ニーズを引き出す。
 #ネット通販 #ロングテール

経営メモ > 全業種共通
クーポンを配布する場合は、携帯クーポンが増えている。QRコードや空メールを利用することで、クーポンを発行するための手間を省くとともに、継続的にアプローチすることができる。まずはメールアドレスを集める必要がある。
 #宣伝・販促・営業活動 #携帯クーポン

経営メモ > 全業種共通
地域ビジネスとは、顧客の顔が見える範囲でビジネスを作っていくこと。
 #立地・ターゲット #地域ビジネス

経営メモ > 全業種共通
主たる歩行客、混雑の時間帯、隣接店の活動状況などについては、経営者自ら現地に出向いて一度は把握しておく。
 #立地・ターゲット #立地調査

経営メモ > 全業種共通
周辺の世帯数とその構成、道路・交通機関の状況、集客力のある施設の有無(大型商業施設、商店街、会社、公共施設など)、地域開発の予定、競合状況など数値化して立地を判断する必要がある。
 #立地・ターゲット #立地場所

経営メモ > 全業種共通
出店立地の競合調査をし、競合の顧客層(ターゲットにしている顧客)を把握する。顧客が競合店の何を気に入っているのかなど、顧客の立場にたって調査する。
 #立地・ターゲット #競合調査

経営メモ > 全業種共通
参入しやすい業界とは、開業資金が少なくて済むこと、ノウハウがなくてもビジネスできる環境(仕入先等)が揃っていること。当然競争が激しくなる。
 #経営や利益の仕組み #参入しやすい

経営メモ > 全業種共通
ターゲットを明確にするのは、基本中の基本。ターゲットとなる、企業or個人、昼or夜間人口、世帯数、所得、性別、年齢などを具体的に数値で把握する。
 #立地・ターゲット #ターゲット

経営メモ > 全業種共通
専門性が高いとか、新技術が激しいとか、自前では対応出来ないことは、専門の会社に頼まざるおえない。無理すればなんとか自前で出来てしまうビジネスは、専門性が高いとは言えない。
 #商品・サービス構成 #専門性

経営メモ > 全業種共通
ビジネスは、価格か、付加価値で勝負するしかない。価格勝負の行き着く先は、社長の給与を安くすることになり戦略として微妙。一方、付加価値勝負はとにかく曖昧になりがち。
 #経営や利益の仕組み #付加価値

経営メモ > 全業種共通
業界全体が伸びなくなるとゼロサムで顧客の奪い合いになる。業界が伸びているときの施策と業界の伸びがなくなった場合の施策は全く違う。
 #宣伝・販促・営業活動 #ゼロサム

経営メモ > 全業種共通
住宅地ごとに、所得水準が異なり、ニーズも異なる。住宅地域の特徴に応じた商品構成や販売方法や出店計画を作るようにする。
 #立地・ターゲット #住宅地

経営メモ > 全業種共通
待ちのビジネスの場合は、立地はとても重要。
 #立地・ターゲット #立地

経営メモ > 全業種共通
差別化とは、特徴を出すこと。多様化とは、飽きないようにすること。特化とは、看板商品を持つこと。
 #業界のトレンド・特徴 #差別化

経営メモ > 全業種共通
実際の購入者に「何で存在を知ったか」を調査するのは、広告効果がない媒体を見直すため。
 #宣伝・販促・営業活動 #認知媒体