経営メモ > 喫茶店(15件)

経営全般ネット飲食店流通ショップサービススクール旅行土地建物運送介護リサイクル法人サービスその他

経営メモ > 喫茶店
喫茶店は男の世界だった。それをスタバが崩した。
 #業界のトレンド・特徴 #男性から女性へ

経営メモ > 喫茶店
セブンカフェは、一杯100円で年間450億円の売上。コーヒー市場の大きな参入者になった。
 #業界のトレンド・特徴 #コンビニカフェ

経営メモ > 喫茶店
従来は、食事とお茶は区別されていたが、現在は「お茶もできるし、食事もできる」という消費者のニーズがある。それに対応したのがカフェと呼ばれている形態になる。
 #商品・サービス構成 #カフェ

経営メモ > 喫茶店
店内において、コーヒー豆の産地名など目に付くように表示する。目の前で焙煎するなどがあればさらなるアピールポイントになる。
 #宣伝・販促・営業活動 #POP

経営メモ > 喫茶店
スタバとドトールと喫茶店の3店舗が横並びにあったら、どこに入るか、その判断基準が差別化要因になる。
 #業界のトレンド・特徴 #差別化

経営メモ > 喫茶店
専門店として要求されるものは、焙煎の特徴、研究心、豆へのこだわり、アイテムの豊富さもあることながら、専門店ならではの雰囲気も必要とされる。
 #商品・サービス構成 #専門店

経営メモ > 喫茶店
顧客はコーヒーに対して対価を支払うのではなく、提供された雰囲気や過ごした時間に対して対価を支払うと言われている。スタバは、空間利用をコンセプトにしたり、お洒落な店舗設計で新しい層の集客に成功した。
 #業界のトレンド・特徴 #付加価値型

経営メモ > 喫茶店
繁華街の立地の特徴は、人通りが多いため、比較的容易に集客することができる。さらに、土日の集客も期待できるため、年中無休形態がいい。
 #立地・ターゲット #繁華街

経営メモ > 喫茶店
業界全体としては、参入店よりも撤退店が多い。スタバ、ドトール、ファストフードより、従来型の喫茶店は顧客を奪われている。さらにセブンカフェなど、コンビニカフェによる参入が続いている。
 #業界のトレンド・特徴 #撤退店

経営メモ > 喫茶店
マンガ喫茶は、喫茶以外を目的とした店で、二等立地でテナント料を抑えるとともに、滞在時間の長さで料金が決まる従量性ビジネスモデルを確立した。
 #業界のトレンド・特徴 #付加価値型

経営メモ > 喫茶店
フランチャイズのコーヒーショップは、セルフサービス型で急速にシェアを拡大している。
 #業界のトレンド・特徴 #セルフサービス型

経営メモ > 喫茶店
専門店としてやっていくためには、ランチや軽食はやってはいけない。ランチの時間帯もコーヒーのみで勝負する必要がある。
 #商品・サービス構成 #専門店

経営メモ > 喫茶店
近隣住民や主婦層をターゲットにした商店街の喫茶店は残っている。顔を出せる地域のコミュニティーの場にもなっている。逆に近隣住民以外の集客は期待できず、ほとんどが固定客を中心にした店舗になる。
 #立地・ターゲット #商店街

経営メモ > 喫茶店
専門店は、店格と味にコーヒーショップとしての専門性を示し、店主がそれにふさわしい知識と接客態度を示すことが求められる。
最近は、若者が、専門店的なコーヒーショップをオープンしている。
 #商品・サービス構成 #専門店

経営メモ > 喫茶店
喫茶店の新しい業態は、カフェ(喫茶)、カフェテラス(庭付き喫茶店)、カフェバー(喫茶とアルコール店)、カフェテリア(喫茶と軽食)、カフェレストラン(喫茶と食事)などの複数の業態がある。
 #商品・サービス構成 #カフェ業態