経営メモ > GAFA
アマゾンは小売店に転換を果たす時間を与えず、小売店を破壊した。ITビジネスのインパクトとは、一瞬にして他を破壊してしまう力を持っていること。
 #ネット通販 #インパクト

経営メモ > オンラインショップ
口コミは、「あの人が、通っているから、使っているから」が基本。
 #宣伝・販促・営業活動 #口コミ

経営メモ > 全業種共通
「汚い」というイメージがあるところに、「綺麗」を作ると差別化ビジネスになる。対極を売りにする。
 #商品・サービス構成 #差別化

経営メモ > 全業種共通
2つ以上のキーワードの組み合わせで売れようにすることを考える。「目立つ看板」よりは、「光る看板」(看板+光る)の方が売れやすくなる。光るというキーワードが追加されることで、ニーズを引き出す。
 #ネット通販 #ロングテール

経営メモ > オンラインショップ
この商品が、いいと思うと、ネットを辿りはじめる。ネットを廻ることで、いろいろな体験に出会う。その体験プロセスで「すごそう→すごい→買うわ」の変化が起こる。つまり、自社サイトだけではなく、いろいろなサイトに体験を仕掛けておく必要がある。
 #ネット通販 #ネット購買導線

経営メモ > オンラインショップ
アマゾンがなぜ最初に書籍を選んだのか?もっと利幅の高いものがあったはずなのに書籍を選んだところに経営センスがある。この箱を届ければいいだけ、定型的で一番扱いやすい。取り扱い点数が多い、新書もたくさん出る。テクノロジーが発揮しやすい。この2つの「しやすい」が、ネットとの相性が抜群だったから。
 #ネット通販 #ネットビジネスセンス

経営メモ > オンラインショップ
商品レイアウト変えると、今まで売れてなかったモノが売れるようになる。これは、ネット通販にも言えることで、デザインやレイアウトを変えると、売れなかった商品が売れるようになる。
 #商品・サービス構成 #商品レイアウト

経営メモ > 全業種共通
クーポンを配布する場合は、携帯クーポンが増えている。QRコードや空メールを利用することで、クーポンを発行するための手間を省くとともに、継続的にアプローチすることができる。まずはメールアドレスを集める必要がある。
 #宣伝・販促・営業活動 #携帯クーポン

経営メモ > 全業種共通
地域ビジネスとは、顧客の顔が見える範囲でビジネスを作っていくこと。
 #立地・ターゲット #地域ビジネス

経営メモ > オンラインショップ
重くてかさばるものはネットで買う利便性が高い。そのため今後も利用は増えていくと考えられている。
 #ネット通販 #重くてかさばるもの

経営メモ > 全業種共通
主たる歩行客、混雑の時間帯、隣接店の活動状況などについては、経営者自ら現地に出向いて一度は把握しておく。
 #立地・ターゲット #立地調査

経営メモ > 全業種共通
周辺の世帯数とその構成、道路・交通機関の状況、集客力のある施設の有無(大型商業施設、商店街、会社、公共施設など)、地域開発の予定、競合状況など数値化して立地を判断する必要がある。
 #立地・ターゲット #立地場所

経営メモ > 全業種共通
出店立地の競合調査をし、競合の顧客層(ターゲットにしている顧客)を把握する。顧客が競合店の何を気に入っているのかなど、顧客の立場にたって調査する。
 #立地・ターゲット #競合調査

経営メモ > 全業種共通
参入しやすい業界とは、開業資金が少なくて済むこと、ノウハウがなくてもビジネスできる環境(仕入先等)が揃っていること。当然競争が激しくなる。
 #経営や利益の仕組み #参入しやすい

経営メモ > 全業種共通
ターゲットを明確にするのは、基本中の基本。ターゲットとなる、企業or個人、昼or夜間人口、世帯数、所得、性別、年齢などを具体的に数値で把握する。
 #立地・ターゲット #ターゲット

経営メモ > 全業種共通
専門性が高いとか、新技術が激しいとか、自前では対応出来ないことは、専門の会社に頼まざるおえない。無理すればなんとか自前で出来てしまうビジネスは、専門性が高いとは言えない。
 #商品・サービス構成 #専門性

経営メモ > 全業種共通
ビジネスは、価格か、付加価値で勝負するしかない。価格勝負の行き着く先は、社長の給与を安くすることになり戦略として微妙。一方、付加価値勝負はとにかく曖昧になりがち。
 #経営や利益の仕組み #付加価値

経営メモ > 全業種共通
業界全体が伸びなくなるとゼロサムで顧客の奪い合いになる。業界が伸びているときの施策と業界の伸びがなくなった場合の施策は全く違う。
 #宣伝・販促・営業活動 #ゼロサム

経営メモ > 全業種共通
住宅地ごとに、所得水準が異なり、ニーズも異なる。住宅地域の特徴に応じた商品構成や販売方法や出店計画を作るようにする。
 #立地・ターゲット #住宅地

経営メモ > 全業種共通
待ちのビジネスの場合は、立地はとても重要。
 #立地・ターゲット #立地

経営メモ > 全業種共通
差別化とは、特徴を出すこと。多様化とは、飽きないようにすること。特化とは、看板商品を持つこと。
 #業界のトレンド・特徴 #差別化

経営メモ > 全業種共通
実際の購入者に「何で存在を知ったか」を調査するのは、広告効果がない媒体を見直すため。
 #宣伝・販促・営業活動 #認知媒体

経営メモ > 全業種共通
小売にとっては、周辺の、大型商業施設、観光資源、レジャー活動施設などの年間集客力を把握しておく。
 #立地・ターゲット #周辺集客力

経営メモ > 全業種共通
季節需要が激しい業種では、年間を通じて安定した集客を行うためには、四季に応じたメニューやサービスを揃えなければならない。
 #商品・サービス構成 #季節需要

経営メモ > 全業種共通
割引券やスタンプカードの発行により再来店を促す。なかなか溜まらないとスタンプを溜める意欲を無くし、大判振る舞いすれば、収益を圧迫する。そのバランスが必要。
 #顧客管理・リピート #スタンプカード

経営メモ > オンラインショップ
定番商品を他社より安く販売することで、顧客はやってくる。激安競争になるのが宿命である。
 #宣伝・販促・営業活動 #割引券

経営メモ > 全業種共通
リピータは、勝手にやってこない。来店動機を促す必要がある。来店を促進する顧客管理でなければならない。
 #顧客管理・リピート #来店頻度アップ

経営メモ > 全業種共通
大手量販店には対抗できないため、ショップは、専門性を打ち出していくしかない。専門店ならではの奥行きが深のを作っていく。
 #商品・サービス構成 #専門店

経営メモ > 全業種共通
特徴のない小型店に勝ち目はない。大手チェーンに打ち勝つだけのオリジナリティ「専門性」「看板商品」を打ち出していくしかない。
 #業界のトレンド・特徴 #小型店

経営メモ > 全業種共通
規模を小さくする理由は、お客様の声をダイレクトに知るためである。
 #店舗設計・運営

経営メモ > 全業種共通
サービスの成功ポイントは、と「品質」「価格」に「スピード」の3点。
 #商品・サービス構成 #サービス

経営メモ > 全業種共通
若者層の多い地域では、「低価格化」にならざるおえない。「高付加価値化」を求めるビジネスをする場合は、若年層ではない大都市圏に限定される。
 #立地・ターゲット #高付加価値

経営メモ > 全業種共通
本来、差別化はここにしか無い商品に対するもので、サービスの差別化は曖昧。
 #商品・サービス構成 #差別化

経営メモ > 全業種共通
商圏調査の役割は、立地を選択することにある。感覚ではなく、客観的な数値を用いること。
 #立地・ターゲット #商圏調査

経営メモ > 全業種共通
初めての人でも使いやすいように、初めて人向けのメニューや料金体系などを、用意した方がいい。(初回来店向け)
 #宣伝・販促・営業活動 #フリー客

経営メモ > 全業種共通
サービスは、サービスの質と価格が適正なのか?顧客にはわからないことが多い。不透明な部分を無くすためには、メニューと料金を詳細に定め、ホームページなどで公開することで、不透明なサービスや料金を少しでもわかりやすく提供する必要がある。
 #宣伝・販促・営業活動 #サービス

経営メモ > 全業種共通
効果的な品揃えは、近隣の世帯構成(年代層、職業など)、競合店舗の品揃えなどを調査した上で決める。
 #商品・サービス構成 #品揃え

経営メモ > 全業種共通
固定客を掴むために、品揃えが同じなら、接客サービスで決まる。
 #接客・店員育成 #固定客化

経営メモ > 全業種共通
人気店は、独自路線を貫くことで作られる。独自色が全くないところが人気店になることはない。
 #業界のトレンド・特徴 #人気店

経営メモ > 全業種共通
交通の便の良し悪しは、店舗経営に大きく影響する。利用者の利便性がよい場所なのかを考える。
 #立地・ターゲット #交通利便性

経営メモ > オンラインショップ
ネット販売する側は、軽くて小さいものでないと扱いづらい。送料を加味した価格設定と粗利が取れる品揃えがポイント。
 #ネット通販 #軽くて小さい

経営メモ > 全業種共通
店舗が陥りやすいのは、在庫過多、デッドストック発生、特売による粗利益率の低下などがある。
 #仕入戦略・商品管理 #在庫

経営メモ > 全業種共通
商品の陳列方法は、入口付近に季節商品や流行商品、重点商品。店舗奥には高級商品や対面販売商品。中央部には定番商品を配置する。
 #店舗設計・運営 #商品陳列

経営メモ > 全業種共通
世帯調査は、世帯構成、高齢者世帯、共働き世帯、単身世帯、子供の年齢層、世帯主の主な年代などを把握しておく。
 #立地・ターゲット #商店街

経営メモ > 全業種共通
「安さ」「接客」に加え「お客様が納得できる価格とサービス」が求められている。価格によりサービスに求める質と量が変わってくる。
 #商品・サービス構成 #サービス

経営メモ > 全業種共通
競合店の調査は、客数、売り場面積、席数、営業日数、店員数、営業時間帯、メニュー、接客態度、評判などを確認する。
 #立地・ターゲット #競合調査

経営メモ > 全業種共通
ロードサイドの商圏は、車で30分以内。
 #立地・ターゲット #ロードサイド

経営メモ > 全業種共通
人口に関する統計資料で、周辺の人口や世帯数はどのくらいか調べる。また、最寄り駅の乗降客数、人口動線(人口、性別、年齢)など、商圏の特徴を把握しておく。
 #立地・ターゲット #商圏人口

経営メモ > 全業種共通
店舗予定地は交通量を確認する。歩行者を、男女別、年齢層別、職業などのタイプ別や時間帯別など。
駅や道でカチカチしている人達が調査している。
 #立地・ターゲット #交通量

経営メモ > 靴修理サービス
その場で靴修正サービスを行うためには、修理が出来上がるまで待てるスペースや場所が必要になる。
 #立地・ターゲット #駅構内