経営メモ > (1501件)

経営全般ネット飲食店流通ショップサービススクール旅行土地建物運送介護リサイクル法人サービスその他

経営メモ > 中古家具販売店
修復してから販売するケースもある。修理作業は、労働集約的経営になるため、技能や作業効率の向上を実現し生産性をあげることでしか、高い収益性を確保することにはできない。
 #経営や利益の仕組み #労働集約的

経営メモ > 喫茶店
業界全体としては、参入店よりも撤退店が多い。スタバ、ドトール、ファストフードより、従来型の喫茶店は顧客を奪われている。さらにセブンカフェなど、コンビニカフェによる参入が続いている。
 #業界のトレンド・特徴 #撤退店

経営メモ > 喫茶店
マンガ喫茶は、喫茶以外を目的とした店で、二等立地でテナント料を抑えるとともに、滞在時間の長さで料金が決まる従量性ビジネスモデルを確立した。
 #業界のトレンド・特徴 #付加価値型

経営メモ > 喫茶店
フランチャイズのコーヒーショップは、セルフサービス型で急速にシェアを拡大している。
 #業界のトレンド・特徴 #セルフサービス型

経営メモ > 喫茶店
専門店としてやっていくためには、ランチや軽食はやってはいけない。ランチの時間帯もコーヒーのみで勝負する必要がある。
 #商品・サービス構成 #専門店

経営メモ > 喫茶店
近隣住民や主婦層をターゲットにした商店街の喫茶店は残っている。顔を出せる地域のコミュニティーの場にもなっている。逆に近隣住民以外の集客は期待できず、ほとんどが固定客を中心にした店舗になる。
 #立地・ターゲット #商店街

経営メモ > 喫茶店
専門店は、店格と味にコーヒーショップとしての専門性を示し、店主がそれにふさわしい知識と接客態度を示すことが求められる。
最近は、若者が、専門店的なコーヒーショップをオープンしている。
 #商品・サービス構成 #専門店

経営メモ > 喫茶店
喫茶店の新しい業態は、カフェ(喫茶)、カフェテラス(庭付き喫茶店)、カフェバー(喫茶とアルコール店)、カフェテリア(喫茶と軽食)、カフェレストラン(喫茶と食事)などの複数の業態がある。
 #商品・サービス構成 #カフェ業態

経営メモ > 飲食業界共通
若者や女性客は、店を選ぶのは流動的で、ひとつの店に通い続けるようなことはしない。
一方で、おじさんは、自分の居場所になるお店に通い続ける。
 #立地・ターゲット #若者

経営メモ > 靴修理サービス
百貨店、スーパー、ショッピングセンターなどの商業施設内、地下鉄駅近くや駅構内などが立地場所として定着している。
5坪~10坪程度の小さな店舗が多い。
 #立地・ターゲット #店舗設計

経営メモ > 靴修理サービス
安価な靴を使い捨てるというスタイルも定着しているが、一方で良い靴を修理しながら長く使うというスタイルも定着してきている。
 #業界のトレンド・特徴 #ライフスタイル

経営メモ > 靴修理サービス
バッグなど革製品の修理、クリーニング、合鍵の作製などもメニュー化されているところが多い。
 #商品・サービス構成 #多品目化

経営メモ > 経営戦略
「ORからANDへ」という戦略シフト
ORは「0」か「1」
ANDは、「0」と「1」
顧客の欲張りを満たす

経営メモ > 営業ノウハウ
営業のノウハウやマインドを言語化することが難しい。
ゆえに、営業ノウハウの共有化は進まない。

経営メモ > 営業ノウハウ
営業ってノウハウとかトークを学べば、受注が取れると思っていませんか?けしてそんなことはない。

経営メモ > 営業ノウハウ
受注成功パターンのノウハウが蓄積している営業と、しない営業は何が違うのか?
方法論の見直しをする機会をつくっているか否かの違い

経営メモ > 営業ノウハウ
個々人の営業ノウハウに依存しているのは商社。営業情報共有は難しい。

経営メモ > 組織マネジメント
営業組織は、KPIを作成して、それに責任者を作って、それを管理していく
大手は、ミッションを作成して、それで部署を作る(ワンミッション制組織)
 #KPI

経営メモ > マーケティング
マーケティングの原点は、同じ業種でも、成功している会社とダメな会社が存在するところになる。
それはなぜなのか?の分析からはじまる。
 #マーケティング

経営メモ > 組織マネジメント
普遍的に有効な組織形態というものは存在せず戦略に従って組織の形を変えていく必要がある(コンティジェンシー理論)
 #組織